【なにをたべてきたの】絵本あらすじ・保育士の感想

かわいいぶたさんの お腹、、。

なんだか変ですね~~

信号機??いえいえ違います。

【なにをたべてきたの】あらすじ

しろぶたくんは何か食べに行くところ

おいしそうなりんごに、れもん、めろんに、ぶどう♡

食べるたびにあれあれ???

お腹に色がついているよ!!

でも物語の最後には、 まっしろのしろぶたくん。元通り。

ブドウの次に食べたものは、、。

みんなが手を洗うときに使う アレ!アレ!!

食べたらお腹の中もキレイになっちゃったΣ(・ω・ノ)ノ!

でも、少しだけ大きくなったみたい。

なにとなにとなにをたべてきたの??

【なにをたべてきたの】作者・出版社

【文】 岸田 衿子
【絵】 長野 博一
【出版社】 佼成出版社

【なにをたべてきたの】対象年齢

言葉を理解し始める2歳~でも楽しめる絵本だと思います。

身近な果物がたくさん出てくるので、物語を楽しみながら果物の名前も獲得できるな~~と思います♡

3歳児にもなると、物語を読み終えた後に最初に戻って

「次何食べたんだっけ??」と聞くと大人は全然覚えてなくても

子ども達は全部覚えていました(笑)

集中力の高さに驚かされました。

そのくらい引き込まれちゃう絵本です♡

また、4~5歳に読むと、今まで果物が出てきていたのに、

いきなり、えええええ!????〇っ〇〇食べちゃうの???と驚くはず!!

(それは食べられるわけないでしょ~~~!! あっ!たべちゃった!! ぶたさんどうなるんだろう!!!)

と4・5歳児なら想像力が働きます。

【なにたべてきたの】感想

優しいタッチで、果物は瑞々しく、美味しそうに描かれています。

絵に背景はなく、ぶたさんと果物のシンプルな絵ですが、わかりやすく

物語に集中できます。 

ストーリーもシンプルで、何度も読んで~~とリピートされます。

読み終わった後も、「もういっかい!」と

ぶたさんがどんどん大きくなっていく姿を、

自分も大きくなりたい!!と願う自分に重ねているのかな?と思います。

予想外の展開に、初めて読む大人もびっくりすることでしょう♪

約40年前に出版されていますが、子どもの心を掴む絵本は

何年経っても変わらないんだな~~と思いました♪

ABOUT US

icha
沖縄県出身・在住の25歳☆保育士です。 保育の質を落とさずに、業務は少なくをモットーに働いています。 絵本が大好きで、絵本の紹介や、絵本の活用の仕方を紹介しています。 お出かけや新しい場所、新しい食べ物はすぐに試したくなるタイプです♡ 主に保育、沖縄のことを更新しています。 どうぞよろしくお願いします♪